トップ > ブログ > ウィンドサーフィンの真冬の陸トレ用にウィンドスケートを製作してみました。

ウィンドサーフィンの真冬の陸トレ用にウィンドスケートを製作してみました。

2021/02/04

カテゴリーブログ 施工事例 日常

こんにちは、岐阜県大垣市久瀬川町で、水まわりのトラブル解決給湯器の交換蛇口の交換を行っている増井商店です

 

ウィンドスケートの製作

大好きなウィンドサーフィンですが、真冬に水に入る”勇気”と”根性”はない!

 

そして、たまにセイルをスケボーにつけて遊んでいる外国人の動画を見ることがある…

 

っが、アマゾン・楽天検索しても、そんなものは売っていません。。。

 

っというわけで、、、じゃ~つくっちゃおう♪♪♪ 

 

真冬でもウィンド気分を味わえるように、スケートボードにウィンドサーフィンのセイルを取り付けれるように改造してみました♪

 

▲風の無い日は、ちょっとしたスロープでジャイブの陸トレ

 

改造というと大げさですが、スケボーにジョイントをつけられるよう、一個、穴あけただけですけど…。

 

スケボーは、サーフィンの陸トレ用のスケボー(スムーススター)なので、レイルを入れる感覚もサーフィンに近く、小回りもきき、いい感じ。

 

風速2m程度からそれなりに遊べますし、風速3m程度吹くと、結構スリリングなスピードがでます♪

 

ウィンドサーフィンのジャイブの形づくりに効果ありとみました!

 

手に入れたスケボーの都合上、ジョイントをトラックの前につけましたが、これが正確かは不明。

 

マスト荷重すると、後ろのトラックが少し浮く感覚あり…。

 

まだまだ試行錯誤が必要ですね!

 

▲近所に広くて、空いているゲレンデ(駐車場?)を発見。いまのところお咎めなし…。

この日は風速2~3mぐらいでしたが、風がはいると、ソコソコ走ります。セイルは5点台。

 

あと難点は道具を落とした時に、相手がアスファルトなだけに道具の損傷が激しいので、捨てようと思っていたセイルを使用しています。

 

また、風が入りやすく、ひろいアスファルトやコンクリートのゲレンデが必要なので、思い付きで製作したのち、やる場所がないことに気づき、少し地元を彷徨いました。。。

 

施工事例 Before & After

Before

▲まずは、素材のスケボーをメルカリにてポチりました♪送料込み11,000円なり。

高いのか安いのかよくわかりませんが、お値段以上に楽しめているので問題なし♪

▲全長約100㌢、ウエスト約20㌢

▲サーフィン陸トレ用のトラックシステム採用【SMOOTH STAR】

After

▲完成♪セイルをセッティングしてみました♪

 


[管理番号01022021]

お問い合わせはこちら